So-net無料ブログ作成
検索選択
野球アーカイブス ブログトップ
前の10件 | -

千葉ロッテマリーンズVS福岡ソフトバンクホークス 3回戦 2009年4月19日(日) [野球]2009-04-19 [野球アーカイブス]

 今季初めての観戦。スタジアムに観に行くと必ず負けるというジンクスは今回も生きていて5対12の大敗。ロッテファンとはいえ、バレンタイン監督と小宮山が大好き、しかもソフトバンクの川崎もという、ちょっとレアなファンなので、今日は三塁側のフィールドウィングシートへ座る。得点が入るとバンザイ三唱するという田舎者丸出しの下品なソフトバンクのファンに囲まれての観戦となった。

 さすがに最下位を争うチーム同士の対戦とあって、プロにあるまじきプレイが双方に出て、呆れるほど最低な内容の試合。大量得点したとはいえ、ソフトバンクも決して誉められた内容ではなかった。先発の小林と杉内それぞれ2回に失点したが、3回には1塁のクロスプレイに抗議したバレンタイン監督が退場となり、天使のテンションは一気に下がってしまった。

 一度は引き下がったのに、再び抗議に飛び出すなど、指揮官としては見識を問われる行動で、大向こうを唸らせる大見得を切ったつもりが、飛んだ猿芝居に終わった感じで、大いに失望させられた。4回裏にベニーのホームランで逆転したのに、5回には小林がつかまって再逆転。高木に続いて、7回ツーアウトから小宮山が登場し、内野フライに打ち取ったのに、8回も続投。予想通りに打ち込まれて、さらなる大量点を入れられてしまった。

 小宮山に続投させるなんて自殺行為でしょう。まったく…。引き継いだ川崎は小久保にスリーランを打たれて8回には大量5点を献上してしまった。それなのにソフトバンクの川崎は全く打てずに、こちらも失望させられてしまった。両チームとも最下位から浮上するのは難しいかもしれない。特にロッテは、ボビーへの愛に満ちたファンの心を表現した外野の横断幕が今のチームの混乱ぶりを表しているようで、シーズン終りまでバレンタイン監督が指揮を執り続けるのかどうか微妙なような気がしてならない。成績の低迷を理由に解任されないことだけを祈りたい。

2009-04-19 23:55
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVSオリックス・バッファローズ 2008年5月18日 [野球]2008-05-19 [野球アーカイブス]

 6回までは、中山と清水の投げ合いで均衡した試合だったのに、7回で清水が自滅。
5点を献上。さらに8回に4点をとられ、9回にも1点を追加。なんと11対3という完敗。

 唯一の救いは、敗戦処理ながら小宮山の投球が観られたこと。8回2アウトから登板して投球数は5で、被安打1ながら見事内野ゴロに打ち取ってチェンジ。しかも内野ゴロとみるや、いつものように球の行方を確かめる前に、マウンドをスタスタと降りてくるという得意のパフォーマンス。そんなことは小宮山しかできない。これは一種の芸です。立派です。銭のとれるプレイヤーです。侍です。しびれました。

 ということで今季は、天使が球場に出かけると必ず負けるマリーンズ。「劇場の天使」ならぬ「球場の疫病神」になってしまったようです。そこで5割復帰まで球場通いは封印します。20日は唐川君の登板予定らしいです。相手は巨人ですが、初物に弱い巨人のことですから4勝目をあげてくれるのではないでしょうか。頑張って欲しいです。

2008-05-19 23:20
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVS北海道日本ハム 2008年4月29日 [野球]2008-04-29 [野球アーカイブス]

 今日は早起きしてチェロの練習。夏の発表会までちょうど4ヶ月である。なんとか楽譜に首っ引きにならないで演奏はできるようになった段階。あとはいかに音楽らしく演奏するかだが、なかなか思い通りにいかないのは毎年のこと…。とにかく練習あるのみ。9時半からプールに行って、いつものように1000メートル泳いでから、マリンスタジアムへ出かける。

 スタジアム前のステージでは小夏お姉さんがイベントの真っ最中。投手の清水と唐川君が登場。ちょっと見ない間に大人っぽくなっていてビックリした。

 今日の先発は成瀬。前回も観に行くと負けているので嫌な予感が…。7回1/3を投げて被安打5、失点2で粘りのピッチング。打線は再三のチャンスを活かすことが出来ず7回までスウィニーに零点に抑えられた。というところで、あきらめムードで球場を後にする。というのも17時から帝国劇場で「ラ・マンチャの男」を観るからである。

 その後は、8回2死満塁でベニーのタイムリーで2点同点に追いついたが、結局9回にノーアウト1,2塁から森本にタイムリーを許して敗戦。残念。

2008-04-29 22:46
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVS福岡ソフトバンク 2008年4月5日 [野球]2008-04-06 [野球アーカイブス]

 今シーズン、初のマリンスタジアムである。成瀬と大場の投げ合いで、白熱熱した投手戦を期待したのだが、なんと16奪三振という大場の完封勝利でボロ負け…。撃てないばかりでなく今江と西崎は、守備でミスをして献上しなくてもよい点を与えてしまった。昨晩は勝ったものの、楽天戦の三連敗といい、打てない病と守れない病は深刻のようである。
 
 試合前は、いつものようにキャラクターショーを見学。春の交通安全週間のキャンペーンで小夏お姉さんは婦人警官のコスプレ。本物の婦警さんが登場してチビッコに交通安全教室を実施。そのあと、マー君のメタボ腹を解消するためにダンスをみんなと一緒にレッスンするという展開。まあ、それなりに楽しめたけれど、音響のミスなどが重なり、完成度は思いっきり低いショーだった。こちらも奮起を期待したい。

 開幕前のショーは、千葉県警の音楽隊による大漁旗を使ったドリル。人数が少ないので迫力が足りなかった。ショーの最中にグランドでアップしている失礼なソフトバンクの選手がひとり。何だ?アレは。マナー最低。頭の程度が知れる。

 2階席の前にリボンビジョン登場!なんのことはない新しい広告を掲示するスペースが増えただけっていうことだろか。あまり有難味は感じなかったけれど…。昼の試合で車ではなかったのでビールを楽しむ。これで試合に勝っていれば最高だったのだけれど…。

2008-04-06 01:03
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVS北海道日本ハム  8月4日(土) [野球]2007-08-04 [野球アーカイブス]

 終わってみればロッテの打線が大爆発して18対3のスコアでロッテが大勝利。しかしながら仮にもプロ野球なのである。しかも首位を走るチームが、この目を覆わんばかりの大失点。先発した金村が打たれたからだが、6回の12失点まで投手を替えなかったのもどうかと思う。可哀想に金村は即二軍行きなのだとか…。少なくとも観客から金をとってみせるような内容ではなかったような。ロッテファンとしては嬉しいけれど…。ハラハラドキドキ感がないでは野球を観る楽しみが半減なのである。

 昨年は、ここぞと思うチャンスで得点できなかったロッテ打線も次々とチャンスをものにして素晴らしかった。福浦の先制4号ホームラン、そして里崎のだめ押しの8号スリーランホームラン!までファンの期待に応えた攻撃。投げた成瀬は6回2失点7奪三振と堂々の10勝目を挙げて、これまた素晴らしいピッチング。もっとも大量得点の陰に隠れているが、エラーやまずい走塁もあって相手チームのミスに救われたが、チームの状態は少し心配な面も…。

http://www.marines.co.jp/score/html/top/list.html

 さて夏休み中の土曜日の試合とあって、指定席は完売。内野自由席もほぼ満員で2万9千人余りの入場者だった模様。今季100万人を達成したと発表があった。試合の始まる前から、例によって球場の前には屋台村?が出現。ステージでは誕生日を迎えるマスコットのマー君へのプレゼント受付とか、お子様のダンス発表会、クールによる地球温暖化防止キャンペーンとか盛り沢山の内容。試合中も花火あり、試合後には恒例の盆踊り、バンド演奏など、最初から最後までまさに日本的にアレンジされたボールパークという感じで16時から22時半まで、たっぷり楽しめた。

 圧巻はセコムが提供するスポンサーデーだったため、セコム?によるオープニングパフォーマンス!セコムの車が登場するとガードマンが登場。Mスプラッシュとともにガードマンがアクロバットダンスを披露。さらに始球式ではセコムのヘリコプターからパラシュートでボールが投下されるという派手さ。

 風速8メートルの風の中をヘリコプターが飛来するというのも凄いが、その向こうには羽田に向けて旋回する飛行機が見え、カモメも飛んでくるなど、野外の球場ならではの風景があって、強風に悩まされながらも楽しく野球観戦。ドーム球場では味わえないナイター気分を満喫する。

 今年からロッテはフラッグを持って応援のスタイルが定着した。特に相手投手が交代となると、一斉に旗が振られるが満員の球場だと物凄い迫力になる。すでに天使も2本の旗を持っているのだが、今日は新作のフラッグとフラッグを肩に担げるバットケースのようなフラッグケースを買い求めた。

 今朝は修理していたチェロを受け取りに楽器店へ出かけ発表会に備えて練習。その後、ジムで1000mほど泳いだ。本当は出かけないはずだったのだけれど、ジムから自宅へ向かう道で急に思い付いてマリーンスタジアムへ…。高速を使えば30分で球場へ到着するのである。イベントと重なってメッセの広大な駐車場もほぼ満車状態。急いで会員専用の窓口へ行きね最後に残っていたらしい内野指定席Bを購入。

 3塁側なのだけれど、ほとんどがマリーンズファン。そこで前から気になっていた女性ファンと遭遇。「○○選手、頑張れ!」と甲高い三点F?の超高音で声援を送るアノ人である。たぶんロッテファンなら一度は聞いたことがあると思うけれど、周囲の観客が驚いて振り返るほどインパクトがあるのだが、贔屓の引き倒しといった感もなくはない人である。弁髪?風のヘアスタイルにキャップを被り、ジッと試合をにらみつける風貌は迫力十分。ビールを飲みながらの観戦スタイルには風格さえあった。最初は迷惑かもと感じていたが、なんだか声がないと寂しい感じてしまうという不思議な効果が…。これでドンドン相手チームの心を乱して欲しい。


2007-08-04 23:55
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVS福岡ソフトバンク 2007年5月12日 [野球]2007-05-13 [野球アーカイブス]

 国立劇場が終わってマリンスタジアムへ直行する。有楽町線の永田町駅から新木場まで、そこで京葉線に乗れば海浜幕張まで短時間で到着できるのを発見。ヨットやモーターボートが浮かぶ海を観ながら快適な電車の旅だった。

 マリンスタジアムの前で、マリーンズのキャラクターショーを観る。小さな子供達が前の方にいて一緒に踊るのだが、ビックリするほどダンスが上手いので見とれてしまった。なんでも小さなお子様向けのMスプラッシュダンス教室というのがあるらしい。

 カモメのマー君、リンちゃん、ズー君の他にバク転が得意なクールという悪役がいるのだが、ペンギンだったのを初めて知った。ロッテ=クールミントガム=クール=ペンギンという発想らしい。

試合の結果は以下の通り。小林の力投も、たった一球の失投で同点に…。延長戦でも結果が出ずに、とっても疲れた試合だった。今年からフラッグを振るのが応援のスタイルみたいなので次回から開幕戦でもらったチームフラッグを持って行くつもり。

http://www.marines.co.jp/score/html/top/0512.html

小久保のソロホームランにやられた感じでガッカリ。でも同じく延長戦になった13日の試合で12回青野のサヨナラで勝利したので溜飲を下げた感じ。


2007-05-13 23:55
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテVS北海道日本ハム 3月25日 [野球]2006-08-30 [野球アーカイブス]

2007年3月25日(日)13:00 千葉マリンスタジアム

試合の経過はこちら
http://www.marines.co.jp/score/html/top/0325.html

開幕戦は負けていましたが、ズレータの一発で息をふきかえしました。その反対に、今日は勝てる試合だったと思います。でも肝心な時にヒットが出ずに、結局延長12回引き分けでした。これで開幕戦と第2戦で2引き分けの結果です。

小雨の降る中で試合開始です。天使はチケットをネットで手に入れるのが遅れてしまって、今日の席はボビーシートの最後列です。でも幸いなことに、最後列のみ2階席の庇が迫り出ているので雨がかかりません。とってもラッキーな席でした。15時過ぎまで雨は止まず、それでも熱心なファンは雨に濡れながら応援です。本当に頭が下がりました。

 5回の終了後に、砂が運び込まれてグランド整備が行われましたが、なんだか泥田のようでした。
試合は両投手とも力投で失点を許しません。両者一歩も引きません。互角な戦いでした。天使が最もハラハラドキドキしたのは、6回表の日本ハムの攻撃。2死でランナー一塁、三塁、打者は稲葉。
2のファールと3ボールの場面。投手の小林宏之がフォークボールで空振りに仕留めました。さすがです。一方のロッテにもチャンスはありました。10回の裏の攻撃、2死でランナー一塁と三塁と6回と同じような展開です。ここでTSUYOSHIは武田勝にゴロに打ち取られました。サブローは5打数3安打の活躍でしたが3番、4番、5番が打てなければ勝てません。今シーズンの先行きが危ぶまれます。

 さて今日は開幕第2戦ということで、開幕記念のマリーンズフラッグが配られました。みんなでフラッグを振りながらの応援も楽しいものです。今年はこれで頑張って球場に通うつもり。マリンスタジアムの外野席の巨大な広告ですが、ちょうど日本ハムの応援団の頭上には、千葉のアート系の専門学校の広告があります。描かれているのは、なんと「モナ・リザ」です。日本いや世界広しといえども、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に身守られているスタジアムは千葉だけだと思います。なんだかとってもアートな気分に浸れます。恐るべし千葉アカデミー専門学校!

 試合後はM☆Splash!!によるダンスショーがボールパークステージで行われました。毎度のことながら、ノリの悪い観客を前にMスプラッシュは懸命に踊っていました。チアダンスだけでなく、新メンバーによるストリートダンスは、なかなか見応えがありました。バレエのテクニックなども織り込んで洒落ていました。

 途中で日本ハムのキャラクターである「BB」のパフォーマンス(今日はマー君と自転車レースでも勝利してました)があり見事な身のこなしで観客を魅了してました。もちろんマー君も踊ります。DJOZUMAばりに下半身を露出使用としてましたが、あの~鳥類であるマー君が露出しようとしても無いはずなんですけれど…。最後は開幕に関係者から贈られた花のスタンドが多数持ち込まれ、観客に花の持ち帰りの大サービスです。気がつけば片手に持ちきれないほどの花が…。なんだかとっても得した気分でした。


2007-03-25 19:46 nice!(0) コメント(0) トラックバック(0)
共通テーマ:スポーツ
8月29日 千葉ロッテVS福岡ソフトバンク [野球]
  
バッテリー
H:○新垣=山崎
M:●久保、高木、神田、小宮山=橋本
 
◆ホームラン
H:ズレータ25号2ラン(久保・4回)、仲澤2号2ラン(神田・7回)
M:

 もうスコアを書くのも嫌になるほどの大量失点でした。七回に2アウトになるとジェット風船をふくらませるのですが、まあそこから飛ばすまでが長かったこと、7点の大量失点にたまらず風船を発射してしまう観客が多数発生。

 今日唯一の見物は、12点という大差の中、リリーフに登板した小宮山でした。ヒゲにサングラス?という街であったら避けてしまうに違いない強面の選手です。損な役回りに違いないのですが、堂々のピッチングで8回、9回と三者凡退に斬って取りました。見事です。まったく自分のプラスにならない登板だったのに、自らに課せられた役目を見事に果たしました。

 9回2死、辻を打ち取ったところで内野に飛んだ球にチラッと目をやっただけでマウンドからスタスタと降りてしまいました。まだアウトになっていないのに…。高校野球だったら大問題になるような行為ですが、さすがにプロ野球です。その小宮山の存在感にシビレました。これを見られただけでも千葉マリンスタジアムにきた甲斐がありました。

 今日は1塁側のフィールドウィングシートでした。試合開始前には、最前列まで出て行ってバレンタイン監督にキャップのひさしにサインしてもらいました。歌舞伎、オペラ、バレエでも絶対にサインは貰わない主義の天使ですが、野球は別、いやボビーだけは別です。相変わらずの50メートル先の人にもわかる抜群のスマイルで魅了してくれました。

 そして5回終了後の花火、かき氷とゆく夏を満喫しました。そしておまちかねの盆踊りです。いつもは球場の前の広場でやっているのに、今日はフィールドに櫓を持ち込んで大盆踊り大会です。一般の観客もグランドに入っていいのです。始めて触る人工芝の感覚、堪能しました。そして「千葉ロッテマリーンズ音頭」振りもバッチリで楽しかった!

 明日は1500円で全席自由席の360°ビアスタジアムの日です。もう前日の夕方から入場待ちの大行列ができていました。熱心な方々でビックリしました。


2006-08-30 00:29
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

8月18日 千葉ロッテVS日本ハム [野球]2006-08-19 00:24 [野球アーカイブス]

 今日は新宿で二度目の「ムーヴィン・アウト」のマチネ公演を観てから千葉マリーンスタジアムへ繰り出しました。さすがに二度目となると作品のアラも目立ち、超絶技巧で驚かされて爽快感はあっても感動へはなかなかな到達しませんでした。ブロードウエイのショーの限界かもしれません。今日のピアノマンは初日と違いましたが主要なキャストは同じだったような…。さすがに夏休みとはいえ平日の昼公演では空席が目立っていました。なにしろ五反田の簡易保険ホールでは「シザーハンズ」、渋谷のオーチャードホールでは「ウエストサイドストーリー」と新旧の振付家の競演となっていますので動員は難しいのかもしれません。

 さて肝心の試合ですが、小笠原が先制のホームランを放ったものの、リリーフ陣が総崩れでロッテの完勝でした。しかしながら再三の得点チャンスを活かせなかったのも事実で今後に不安を残しました。でも今日の最大のヒーローは小林雅の史上三人目の通算200セーブ達成につきると思います。立派でした。おめでとう。彼を盛り立てたチームメートも素晴らしかったです。

 今日も三塁側のフィールドウィングシートでの観戦でした。なんとファウルボールが直接隣の席に飛び込んできて肝をつぶしましたが臨場感と迫力のある場所です。もちろん三塁側ですから日本ハムのファンもいるのですが、圧倒的にロッテファンで埋まっていました。天使の前の席には、小学生の低学年のお子様が二人座っていました。もちろん日本ハムファンのようです。最初は元気だったお子様方でしたが、敗戦色が濃くなるにつれ静かになってしまって…。しかもそれを挑発するような応援を後ろで繰り広げたので、今にも泣き出しそうな様子になってしまいました。大人気ない、実に大人気ない観戦態度ではありましたが、興奮のあまり大声が出てしまって周囲の方はご迷惑だったかもしれません。反省しております。

 球場の周辺には多数の屋台が出現しお祭り状態。球場脇に出来た博物館も満員の盛況でした。強風で心配された花火も打ち上がり、最後の盆踊りもしっかり楽しんできました。もう振りは完璧。いかにして踊りに魂を込めるかが今後の課題でございます。

2006.8.18(金) パシフィックリーグ公式戦
千葉ロッテ 対 北海道日本ハム(13回戦)千葉マリンスタジアム
試合開始:18:16 試合終了:21:30 観客数:27523人

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ファイターズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1
マリーンズ  0 1 0 0 1 0 0 2 X 4 9 0

◆バッテリー
F:●立石、押本、トーマス、建山、清水=高橋
M:○小林宏、藤田、S小林雅=里崎
 
◆ホームラン
F:小笠原26号ソロ(小林宏・1回)
M:青野4号ソロ(立石・5回)、里崎15号ソロ(建山・8回)


2006-08-19 00:24
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテマリーンズVS西武ライオンズ [野球]2006-08-03 [野球アーカイブス]

8月3日(木)対 ライオンズ @千葉マリンスタジアム 
◆バッテリー
L:○松永、山岸、石井貴、三井、小野寺=細川
M:●小野、藤田、黒木、バーン=里崎
 
◆ホームラン
L:カブレラ21号3ラン(黒木・8回)
M:

千葉ロッテ 2-6 西武

サブローの犠飛で先制も、追加点が奪えぬまま終盤に逆転を許し敗れる。

 西武のルーキー松永に初勝利を献上してしまいました。ヒットの数では負けていないのに、打って欲しいときに全然打てないのですから仕方ないですね。リリーフ陣も総崩れで、せっかく登場した黒木もカブレラに3ランを与えてしまいました。さらに拙い守備で失点してしまい、全くいいところがありませんでした。勝つときもあれば、負けるときもあるのが人生でしょう。どこかの誰かみたいな勝ち方より、ずっと潔いと思います。といっても自力での一位の可能性がが消滅してしまったんですよね。今日注目した選手は、西武の三塁手中村でした。里崎といい勝負の短足胴長体型ですが、粘りの打撃と足の速さはなかなかのものと見えました。それにしても野球選手らしからぬ体型!相撲部屋からスカウトが来ないか心配です。

 花火は海側からの風が強いので中止でしたが、盆踊りには今日も参加!振りは完璧です。18日には、浴衣で行こうかどうか思案中です。楽しかった!

2006-08-03 23:43

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ロッテマリーンズVS西武ライオンズ [野球]2006-08-02 [野球アーカイブス]

8月2日(水) 18:15
千葉マリーンスタジアム

◆バッテリー
L:●松坂=細川
M:○小林宏、神田、S小林雅=里崎
◆ホームラン
L:
M:里崎13号ソロ(松坂・4回)、サブロー8号ソロ(松坂・5回)

 五月以来の久しぶりの野球観戦でした。6月は来日オペラ攻勢で観劇スケジュールがタイトすぎて、まったく球場に足を運べませんでした。7月には地元での開催が少ないし、なんと二ヶ月もご無沙汰です。好調だった千葉ロッテマリーンズも六月下旬の連敗が影響して四位に低迷しております。今季、球場に天使が足を運べば負けないという不敗神話は今回も生きていました!

 エース松坂との投げ合いになりましたが、小林宏が1回に失点はしたものの7回まで好投。8回に神田、9回に小林雅と継投して終わってみれば、里崎とサブローのソロホームランが光り、3対1の勝利でした。ハラハラさせられたのは、交替したばかりの神田がカブレラにデッドボールを投げてしまったあたりでしょうか。なんとか踏ん張って無失点に抑えて勝利に貢献してくれました。

 今日はなんと三塁側のフィールドウィングシートです。もっともライオンズファンは2割ほどで、圧倒的にマリーンズファンが占めていました。最初は松坂の応援をしていたお坊ちゃまが、いつの間にかマリーンズの応援に合わせて身体を動かしておりました。さすがに子供は正直ですねえ。何が面白いかよく理解しているようです。

 球場前は、お祭りの縁日のように賑わっていましたし、球場内もお子様を連れた家族連れでいっぱいです。楽しいイベントも盛りだくさんですが、なんといって花火がキレイで「夏」を感じさせてくれました。試合終了後には、正面玄関前の広場に櫓が組まれ、盆踊り大会です!もちろん天使も踊ってきました。楽しかった!盆踊りなど踊ったのは何十年ぶりでしょう。しかもステージに特別に小林投手が登場してくれるサプライズもあって、とっても楽しめました。そして明日も出かけるのです、なんとかこの連戦で浮上のきっかけを掴んで欲しいです。

 本当は4日のシンフォニック・ナイトに興味があるんですが、亀治郎の会と世界バレエフェスティバルと重なってしまいました。金聖響指揮で楽器演奏ができるイベントがあるんです。楽譜もホームページからダウンロードしましたが、まさかスタンドでチェロを演奏できるわけもないのですが、一応練習はしました。参加する方々には楽しんで欲しいです。


2006-08-02 23:29
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 野球アーカイブス ブログトップ